スリランカ旅行における注意事項 1 (入国・ホテル・両替)

スリランカ旅行で注意していただきたい事(入国、ホテル、通貨、チップ、両替など)について、詳しくご説明しております。

入国

イミグレーションにてパスポート・機内で配られる入国カードへ記入の上、提出します。
スリランカビザ(ETA)は事前に取得しておく必要があります。

ホテル

ホテルでは日本の様に大量に高温のお湯が出ない場合がございます。
また、バスタブなしのホテルも多くあります。

通貨

スリランカ通貨はスリランカ・ルピー(単位はRs.)、補助通貨はスリランカ・セント(単位はCt)で、Rs.1はCts.100になります。
硬貨は、1、2、5、10ルピー、1、2、5、10、25、50セントの10種類がありますが、50セント以下の硬貨は現在ほとんど流通していません。紙幣は、2、5、10、20、50、100、200、500、1000、2000ルピーの10種類がありますが、5ルピー、2ルピーはほとんど流通していません。

チップについて

スリランカではチップの習慣があります。
ホテルやレストランなどではチップ(サービス料)が加算されていることもありますので、レシートを見て確認して下さい。含まれていない場合は、支払いと同時に現金で渡すか、クレジットカードの場合はチップを書き込みます。部屋まで荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだりした際は、Rs.20~50程度渡すのが慣例となっております。

両替について

日本国内でのスリランカ・ルピーへの両替はできません。コロンボ空港、ホテル、市内の両替所で両替が可能です。両替をしてお金を受取る際は、枚数の確認はもちろん、破れていないかも確認しましょう。
また、両替の際、必ず外貨買取証明書(レシート)を受け取っておいてください。
スリランカ・ルピーは持ち出しが禁止されております。両替証明書を提示し、米ドルへの再両替はできますが、レートが悪い為、少額ずつ使いきる分を両替することをお勧めします。

トラベラーズチェック(T/C)について

トラベラーズチェック(T/C)が直接使えるホテルや店はほとんどありません。銀行で現金に両替してから利用となります。銀行によっては受け取りを拒否される場合もあります。また、トラベラーズチェックを現金にする際は、場所によって額は違いますが、手数料を取られます。
クレジットカードは、ビザカード、マスターカードが一般的で、JCBが利用できるところは少ないです。

スリランカ旅行における
注意事項