ネパール旅行における注意事項 3 (食事・飲み物)

ネパール旅行で注意していただきたい事(食事、飲み物など)について、詳しくご説明しております。

食事について

ネパールの主食はお米です。
ターメリック、コリアンダー、唐辛子などのスパイスを使ったカレーが一般的です。

弊社ツアーでは、カレーだけではく、西洋食や中華料理などバラエティに富んだお食事を提供致します。

レストランでは、カレーなど加熱調理された料理、バナナやみなんなどの皮が剥かれていない状態の果物は安全ですが、生野菜を使ったサラダやカットされたフルーツ、デザートにはご注意ください。
露天で売っている食べ物については、保存、埃、ハエなどの問題もあり加熱調理してあってもお勧めできません。食べる場合は加熱処理後すぐのものを召し上がるようにしてください。
ネパールでは左手は不浄とされています。そのため、ネパールの人たちは右手だけを使って器用にカレーを食べていますが、ホテルのレストランはもちろん、大体どこのレストランでもスプーン・フォークが用意されていますので安心してお食事できます。ただし、食べ物は右手で持つようにしましょう。また、お食事前はよく手を洗うようにしてください。

普段食べ慣れていない香辛料や油を多く使用した料理で胃が疲れ、お腹を壊す方もいらっしゃいます。調子が悪くなってしまった場合は、香辛料が少なめの料理を選んで食べる様にして下さい。

ミネラルウォーターについて

水道水や生水は絶対に飲まないで下さい。
ネパールの水道水は水の成分(質)が異なり、お腹を壊す原因になりますので、水道水や生水は絶対に飲まないで下さい。バザールなど簡単にミネラルウォーターが手に入ります。購入する際はふたがしっかり閉まっていることを必ず確認して下さい。レストランで出される水も水道水の場合が多いので注意が必要です。また、氷は生水で作られていることが多いので、飲みものを注文する際は氷を抜いてもらうようにしてください。

ネパール旅行における
注意事項