インド旅行で特に気をつけること

インド旅行で特に気をつけていただきたい事について、詳しくご説明しております。

貴重品の管理

観光地には外国人を狙ったスリ等もおりますので、貴重品の管理には十分に気を付けてください。
手荷物は、できれば肩からななめがけするタイプのバッグをご用意いただき、町を歩く際は手を添えるようにするとよいでしょう。そして乗り物内やレストランでも常に身に着けておくようにしてください。お手洗いなどで、少し席を離れる間も貴重品の管理には十分に気を付けるようにして下さい。

衛生(手洗い・うがい)

病気にかかる原因のほとんどが、自身の手や爪の間についたバイ菌・埃が、食事と共に体内に入ってしまうことです。うがい・手洗いを習慣付けるようにしてください。

狂犬病

人と動物が共存するインドでは、かわいい子犬や猿と出会うこともありますが、彼らは狂犬病をもっている恐れがあるので、決して餌をあげたり手を出さないようにしてください。
万が一噛まれた場合は、すぐ病院で診察を受けてください。

体調の変化

病状が深刻な場合、または深刻ではなくても心配な場合は、お早めに医師の診察を受けて下さい。
ホテルでホームドクターを呼んでもらえば、病院まで行かなくてもお部屋で治療を受けられます。
病状を英語で説明できるよう、辞書をお持ちになることをおすすめします。
海外旅行傷害保険に加入されている場合は、レシートと診断書を持ち帰り、ご帰国後に保険請求手続を行ってください。海外旅行保険には必ずご加入ください。

インド旅行における注意事項