ブータン BHUTAN

雷龍の国、神秘的な国、ブータン王国。

スイスほどの大きさ、小さな国ブータンは、ヒマラヤ東部にひっそりと位置し、国民からは「Druk Yul(雷龍の国)」と称され愛されています。
低地の亜熱帯のジャングルが肥沃な温帯地域に変わるにつれ、密集した原生林はガラリと様変わりします。北部は、万年雪が残る氷河地域です。この手付かずの自然環境は珍しい野生動物の住処であります。絶滅に瀕した種、オグロヅル、ブルーシープ、ゴールデン・ラングール(ヤセザル)やロイヤルベンガルトラもブータンを最後の隠れ家としています。現代化の影響を強く受ける中でも、ブータンは依然として、昔からの習慣や伝統が人々の生活の一部として残されています。
ブータン人にとっての生活の第一目的は幸福である、ということは驚くことではありません。現代のブータン王国のスローガンは「GNH(国民総幸福量)」なのです。言い換えれば、人類の多くが経済的発展をゴールとしていますが、ブータン人にとってはそれは幸せになるための手段に過ぎないのです。
今日のブータン王国は、手つかずの自然が残る最後の場所かもしれません。
それはブータン人が大事に残してきたものです。
それゆえ、ブータン政府が慎重に管理してきた観光政策にはこうあります。

「取るのは写真だけ、残すのは足跡だけ」

モデル コース

インダス インターナショナルで実績のあるモデル コースをご紹介させていただきます。

運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、観光の順序が変わったり、日程内容に変更が生じることがございます。
自然環境、気象条件に左右されるものは、当日の天候によってはご覧になれないことがございます。あらかじめご了承ください。
モデルコースは一例となります。ご要望をお聞かせいただければ新しく日程を作成することも可能です。

ブータン旅行における
注意事項